2008年06月01日

押し寄せる近代化の波

久々の90cm水槽企画ネタです。
資金不足で経済破綻を招いていた、私の財布もうやだ〜(悲しい顔)
お仕事でなんとか少し回復をしてきました(回復したのだろうか?)

そこで以前より計画していた事を1つ実行にうつしましたわーい(嬉しい顔)
それは水草用に高圧ガス(CO2)を導入することです。
本当に少しずつ少しずつ(あるかたに内緒で)パーツを集め続けていたのです。

まずはこれ!
レギュレター.JPG
ネットオークションで\6500-で落札しましたわーい(嬉しい顔)
大型ボンベ対応のアダプター付きのレギュレーターで24時間タイマー(1000円くらいの奴)もおまけでついていました。
あとCO2ストーンとバブルカウンター、低速スピードコントローラー付属の丸ごとセットでした。
中古とはいえ、凄いきれいな状態で新品のような感じでした。

つぎに小型64gボンベを480円で購入していました。
電磁弁が欲しかったのですが、高額ですし、オークションでも直ぐ値段があがってしまい、なかなか手にはいりませんもうやだ〜(悲しい顔)

そして先日「チャーム」さんが15周年セールで¥3980-で販売しているではありませんかどんっ(衝撃)
仕事で一件契約をとったのも後ろを押して、注文しちゃいましたわーい(嬉しい顔)
\5000-で送料無料だったので小型ボンベ5本セット\1680-も同時注文です。

新しい届け物.JPG

届きましたわーい(嬉しい顔)

中身02.JPG電磁弁.JPG

一緒に写っているのはサービス品です。念願の電磁弁ゲットです。

そしてさらに配管パーツを「GREENS」さんに注文です。

さらに荷物.JPG

届きましたわーい(嬉しい顔)

中身03.JPG

エルボーニップルとメタルジョイント、メタルチェックバルブ、バブルカウンターです。
\2220-のお買い物でしたが送料も節約してメール普通便で\80-

これで組み立てるだけ・・・と思ったのですがあせあせ(飛び散る汗)
なんとエルボーニップルに不具合がありワンタッチ継手から抜けてしまいます。
問合せをしたら、対応外の継手が存在したらしく無償で違う商品と交換して頂けましたわーい(嬉しい顔)
素晴らしい対応で、たった\390-の商品なのに代替品での差額の(\20-)とサービス品にチェックバルブ2個を速達で送付してくれました。
凄く感動しました。「GREES」さんありがとうございます。
凄く良いネットショップですよ〜ハートたち(複数ハート)

という訳で本日すべてのパーツが揃いました。

小型ボンベ.JPG


「じゃじゃ〜〜〜ん揺れるハート

どうですか?私は苦労したので感動ですもうやだ〜(悲しい顔)
ゆくゆくは大型ボンベに移行する予定ですが、しばらく小型ボンベで対応です。
発酵式CO2とは違い、添加スピードが調整できるのです。
現在はライト点灯時、エアレーションなしCO2添加1秒2滴で
PH6.8〜6.9くらいです。う〜ん理想的だわーい(嬉しい顔)
ライト消灯時はエアレーション有りのCO2添加ストップです。(電磁弁可動で自動添加です手(チョキ)
消灯時にどれだけPHがあがるのかが疑問ですが、エアレーション装置にパワーハウスのシステムフィルターソフトを使用してますから酸性側にとどまっていてくれると嬉しいのですが

と少し近代的な装置がついて嬉しい銀色でしたわーい(嬉しい顔)


レギュレーターセット・・・・6,500円
小型64gボンべ1本・・・・480円
電磁弁、小型ボンベ5本・・・5,660円
CO2配管パーツ・・・2,300円


現在までの合計¥93,308−




にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へにほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚・らんちゅうへ←水草ネタだけど金魚もどうぞw




posted by 銀色金魚 at 01:48| Comment(3) | TrackBack(0) | 90cm水槽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月09日

CO2マスター導入

すいません。仕事やなにやらで更新ががく〜(落胆した顔)
写真は少し撮ってあるのでまとめて更新です。
まずは90cm水槽企画から

底砂も砂利系でアクセントに大小の石が4個ほどあるせいか、パワーハウスのソフトを導入するもPHはアルカリ側です。
発酵式CO2添加をCO2ストーンを使用してシャワーパイプ下に取付拡散させてもPHは

取付前PH.JPG

PH7.71消灯時です。
発酵式CO2は常時でエアレーションも常時(PHの1A0.5L)
ライト点灯時は

取付前点灯時.JPG

当然上がってきます。
発酵式導入後水草が多少元気になってはいるものの問題は山積みです。
発酵式をさらにもう1つ追加も考えたのですが、HPでとある商品を発見しました。

「CO2を100%溶解します!」

この言葉に「おお!」と飛びつきました。

co2マスター.JPG

じゃ〜ん、早速購入しました。
Water Plants WordのCO2マスターなる商品です。

・CO2溶解率100%
・発酵式、高圧ガスともしよう可能
・余分なチューブ等が水槽から削除できる
・メンテナンスフリー
などなど良いことだらけです。
取り付けは外部フィルターの吸水側パイプの道中に取付けるだけです。
一応はずれ止めでホースバンドは取付けておきましたが

CO2マスター取付.JPG

取付けは凄く簡単でしたわーい(嬉しい顔)
原理は吸水パイプ内の負圧により発酵式でも強制添加できます。そのまま外部フィルターないをミキサー替わりに使用して溶解→排水となうわけです。
フィルターないのバクテリアの酸欠を心配していましたが、問題にはならないそうです。

ちなみに取付け前の発酵式+CO2ストーンの場合

取付前KH.JPG

KH=4.5 PH=7.8 ですのでCO2濃度は2ppmくらいです。
水草水槽の推奨されている濃度は15〜20ppmですので全然不足していますもうやだ〜(悲しい顔)

少し発酵が弱かったので、まだ使用後の結果は出ていませんがPHは降下してきていますわーい(嬉しい顔)
現在はイーストと上積みの水を交換して1秒1滴強添加しています。

結果は後日また記事に書きたいと思います。

CO2マスター(送料込み)・・・・2,720円
ホースバンド185円×2・・・370円

現在までの合計¥78,368−




にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚・らんちゅうへにほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ←ランキング降下中><







posted by 銀色金魚 at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 90cm水槽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月02日

10000ヒット記念!2部構成!90cm水槽

知らないうちに10000HITを超えていました。
こんなブログに沢山ご来場頂きありがとうございます。
記念に本日は2部構成でお届けします。
まずは90cm水槽編です。

先日クリップ式のライトで光量UPをしたのですが、ライトが少し邪魔でした。
メンテの度にガラス蓋がライトにあたりあけにくいのです。

変更前0402.JPG

これが変更前!これを改善しようと思います。
ガラス蓋にあたらない様にライトを上から吊るすように設置です。

変更後03.JPG変更後04.JPG

ゴテゴテしてしまいましたが、ライト間に隙間ができて快適になりました。
メタルラックに延長柱の90cmを2本追加して延長、ハーフ棚を注文して取り寄せたので、それを取付けて完成ですわーい(嬉しい顔)
また一つ機能的になりました手(チョキ)

ハーフシェルフ・・・・2,080円
ADDポール(90cm)・・・1,780円
スリーブ 50円×2・・・100円

現在までの合計¥75,278−


にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚・らんちゅうへ←金魚ブログが沢山ありますよ〜

ラベル:ライト
posted by 銀色金魚 at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 90cm水槽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月20日

気になるところを改善

今日は写真は撮ってあるのですが・・・・
明日更新しようと思いましたが、少しだけ更新(こういう時は金魚ネタじゃないけどw)
今日は35cm水槽の水換え実施、プーちゃんが悪さをするので元気のないポリスペルマは撤去、破棄となりましたもうやだ〜(悲しい顔)

さてタイトルの「気になること」それは
これです↓


反射板01.JPG反射板02.JPG

先日投光器のようなライトを設置したのですが、写真のようにライトが拡散してもったいないな〜と思っていました。
写真のようにライト後ろのカーテンが凄く明るくなっています。
今回はここを改善することにしました。

早速100均へダッシュ(走り出すさま)

反射板材料.JPG

材料を購入してきました。
ポップなどを作る発砲材の硬質なボードです。厚みがあり結構軽くてしっかりしてます。しかも加工がしやすいわーい(嬉しい顔)
いっしょに黒ガムテープも購入・・・合計200円(安っ〜揺れるハート
写真に写るアルミテープは前回ライトを改造した時の余りです。

もうネタばれですねあせあせ(飛び散る汗)、そうですライトの後ろの空間に反射板を作って置こうとおもったのです。
数分で完成わーい(嬉しい顔)(はやっ)

反射板作成.JPG

ボードを半分にカッターで切断して、横長に裏面ガムテープと表面アルミテープで貼り付けて完成です。
200円で輝いていますね〜わーい(嬉しい顔)

設置は・・・はい、正解exclamation水槽の縁に斜めに立てかけて後ろからガムテープで貼っただけですふらふら

反射板取付.JPG反射板取付02.JPG

後ろにもれていた光が前面に反射されている・・・はずです。きっとw
少しは効率上がったと自己満足しています。
200円だしね。

今日撮影した金魚は明日更新しますね〜わーい(嬉しい顔)
ではでは〜〜〜

黒ガムテープ 100円
カラーボード 100円

現在までの合計¥71,318−


にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚・らんちゅうへ←沢山の金魚仲間がいますよ〜

ラベル:ライト反射板
posted by 銀色金魚 at 02:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 90cm水槽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月15日

90cm水槽ライト増設

昨日はついつい転寝してしまい、更新出来ませんでしたがく〜(落胆した顔)
今日は90cm水槽シリーズ設備増設編です。

最近毎日、目が痛くなるほど凝視して稚魚を探していますが、全然見つかりませんふらふら
いやな予感がします・・・・たらーっ(汗)
ふと水草に目をやると、赤系水草の発色が凄い悪いです。発砲式で溶解率が悪いとしても水泡つけるまではほど遠いようです。
よく耳にするのは「鉄分の不足」「光量不足」など色々原因はあるようです。
鉄分の方は底肥(イニシャルスティク)と少量のメネデールを添加しています。
そこで今回は光量不足を補うことにしました。
色々検討したのですが、90cm水槽器具は高価な商品が多いです。
しかも90×30×36なので奥行きが60cm水槽と変りませんので最初取り付けした2灯式ライトが結構スペースを取っています。
金銭面を別にして考えても、もう1台同じライトは設置できそうにありません。
そこで注目したのは電球型の蛍光管タイプです。
これなら両隅にクリップ式で取り付けできそうです。
チャームさんで商品チェックしてみました。ありますあります。水草用やら高ケルビンタイプたら・・・・
しかし、物凄く高いもうやだ〜(悲しい顔)
電球1個5000円くらいします。さすがにこれは手が出せませんね〜
まあ補助灯感覚なので「専用」じゃなくても一般的な物で十分です。
さっそくホームセンターを見にいきました。
各メーカーから沢山の種類がでています。下調べでは22wタイプのレフ昨日のある電球が欲しかったのですがありませんでした。
あきらめて16wタイプにしようと思ったところ、良いものを発見exclamation

増設ライト.JPG

じゃ〜んわーい(嬉しい顔)
工事現場などで使用する工具コーナーで見つけました。
クリップ式で付属に蛍光管タイプの電球がついています。しかも反射板付・・・・理想的です。
驚きはここから、搭載されている電球が「32w 6500ケルビン 全光束1800lm スパイラル型」なんです。
さすが工事用exclamation一般家電コーナーではない高出力です。
お値段も1,980円・・・2台ゲットです。

帰宅後、早速取り付けですわーい(嬉しい顔)

ライト増設前.JPGライト増設後.JPG

右側が取付後の写真です。
当初のライトが10000Kですので、やや演色性で劣りますが凄く明るくなりました。
取付後の状態はアナカリスに水泡が付いた程度でしたがふらふら
CO2の添加量(溶解率)が低いのかもしれませんね。


ここで勉強したことを(水草興味ない方はスルーかもふらふら

水草育成には主に水質、肥料、二酸化炭素、光が重要で植物が生きて行くために光合成をおこない、ブドウ糖と副産物で酸素を作ります。
その過程で水、二酸化炭素、光が必要になってくるのです。
二酸化炭素はまだ勉強不足で発酵式で常時添加しているだけなのですが、今回は「光」で疑問に思うところがあり調べてみました。

商品や情報で「12000K(ケルビン)なので選びました」などの記述目にします。何のことで水草育成に重要なのか?と思っていました。
光の単位は色々あります。光の量を光束lm(ルーメン)で表し、色温度をK(ケルビン)、光の波長nm(ナノメートル)等、輝度やら照度などもありますが周知だと思いますのでおいておいきます。
光の色温度をケルビンで表しています。電球色で2000Kくらいだと思います。色温度が低いと温かみのある黄色ぽい光になり、逆に高いとクールな青色ぽい光になります。演色性は高ケルビンになるほど高くなります。
光束をルーメンであらわし、放射量における放射束の単位です。私は光の束で光の量を表していると理解しています(間違ってるかも)
光の波長域はナノメートルで表し可視光線(見える光)は短波長側が360 nm〜400 nm、長波長側が760 nm〜830 nmくらいでそれ以外は不可視光(見えない光)良く聞く紫外線、赤外線です。波長の短い側が「青紫」長い側が「赤」です。通常の光は色々な波長が混ざりあって見えています。プリズムや虹などはその波長が分解されて「色」として見えてくるのです。

水草育成にはその波長域が影響してくるようです。植物のもつ4つの光合成色素が重要な役割をしていて、その色素に吸収されやすいのが430・490・680nm付近の波長域らしいのです。
この域の光線を多く持つ光源を選べば良いことになりますね。
しかし水中に植物がありますので、浮遊物や光の反射等によりすべての波長域の光線が均等には届きません。もっとも届きにくいのは650〜690nm付近のいわいる「赤」です。ここの補強は必要なのかもしれませんね。
またもっとも必要とされていないのが520nm〜550nm付近の「緑」です。
植物の多くは緑色に見えますよね?緑に見えるのは、その光を反射しているからなんです。不必要な光線を吸収せず反射して緑色にみえているそうです。

なんかとても難しくなってしまいましたが、私なりの理解(まとめ)をすると
色温度(ケルビン)は水草水槽をいかにキレイにみせるかで重要になるだけで、水草育成には必要な指数ではない。
光束は光の量なので水草育成には影響を与え、ワット数が高くなれば光束も多くなる(電球に表示されてます)
光合成に必要な光は波長域が重要である。
ケルビン表示よりも波長域分布図のほうが重要だったのですね〜

実際に電球を配置するなら、演色性を高める為に高ケルビンな電球を1つ、損なわれやすい「赤」を補正する為の赤系電球、水草育成用に開発された電球を出来るだけ・・・という配置が理想的なのでしょうか?


蛍光灯クリップランプ1,980円×2・・・3,980円

現在までの合計¥71,118−


にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚・らんちゅうへにほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ←アクアリュームのブログも見れます。




posted by 銀色金魚 at 03:48| Comment(5) | TrackBack(0) | 90cm水槽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月05日

90cm水槽、新メンバー登場

今日は60cm水槽の水換えをしました。
糸状ゴケとヒゲゴケが凄いですね〜がく〜(落胆した顔)。葉っぱが黒く見えて、あまりキレイではないですねもうやだ〜(悲しい顔)

木酢液でも対策してましたが、さらなる対策をすることにしました。
「サイアミーズフライングフォックス」という魚はヒゲゴケ食べてくれるらしいので、探しにいくことに。

それと90cm水槽の茶ゴケがミナミではどうしよもないレベルになったので、こちらも生物兵器投入です。

90新しい仲間.JPG

おなじみの「シマカノコガイ」2匹と「オトシンクルス」2匹です。
ああ〜いつも同じ部隊だな〜がく〜(落胆した顔)
でも実力はよく知っているので期待が持てます。

水あわせ中.JPG

こんな感じで水・水温あわせしてます。
現在は無事水槽に移動してます。

早速仕事.JPGハムハムオトw.JPG

早速仕事してくれてますわーい(嬉しい顔)。期待してますよ〜お願いします。

あ!サイアミーズフライングフォックスも購入しましたよ〜
こちらはそのうち、改めて紹介しますね〜わーい(嬉しい顔)

白ランチュウちゃんは今日、水(薬、塩)換えしました。経過を観察中です。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚・らんちゅうへ←沢山の金魚ブログが見れますよ!


posted by 銀色金魚 at 02:15| Comment(6) | TrackBack(0) | 90cm水槽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月02日

発酵式CO2添加続き+α

今日も私の金魚じゃない話題ですいませんもうやだ〜(悲しい顔)
前回に続きCO2添加のお話と母親が飼育する金魚のお話です。

まずはその金魚ちゃんのお話です。
うちの母親も金魚を飼育しています。和金2匹とランチュウ3匹です。
昨日ふとその水槽を覗き込むと、白ランチュウが口紅つけてるんですがく〜(落胆した顔)

「えexclamation×2なにこれ?」
「ぎゃ〜〜〜出血してるじゃん!」

母親:「そうなの〜なんか急に赤くなって・・・少し落ち着いたかな〜」
おいおいあせあせ(飛び散る汗)そんなに余裕で話せる状況には見えないが

「だめだよ〜酷いじゃん、隔離しないと」

母親:「じゃぁお願い!」
なんでだよ〜自分でやれよ〜もうやだ〜(悲しい顔)

私の治療水槽にやってきました。

母親の金魚.JPG

これは今日の写真で昨日より出血が納まりました。
一応塩水0.5%のみで様子を見ています。金魚自体が凄い元気だったので。
赤い範囲は少なくなってきましたが、お口の左側が酷くて垂れたようになっています。
今日5分間のイソジン浴で消毒+プチカラムナリス対策です。
金魚の治癒能力をサポートする方向で対応してます。
しかしポンちゃん以来の病気治療だな〜たらーっ(汗)

お話は変りますが、昨日に続きCO2添加のお話です。

発酵式CO2.JPG

このように、ペットボトルを保温して発酵させています。エアチューブの先はCO2ストーンがつけてあります。

しかし、上手く発酵してくれませんもうやだ〜(悲しい顔)
今日新しいイースト菌を購入してきました。
CO2材料.JPG

再度挑戦です。新しいイースト菌を入れなおして、発酵を待つこと1時間半・・・・・?
「おかしい・・・ネット写真のような泡が出ないもうやだ〜(悲しい顔)
いろいろ検索しました。どうもイースト菌が少ないようです。
また、やり直しです。
今度は水150ccに砂糖ティースプーンに2杯、イースト菌を2gで挑戦です。
1時間後・・・ペットボトルを覗いてみると

「あ!泡だってるわーい(嬉しい顔)
ビールを注いだ時の泡のようです。でもCO2ストーンの先からはプクプクとはでていません。まだ圧力不足のようです。
ここで本日は消灯時間ふらふらエアチューブの中間に2方向弁を設置してますので、水槽外に切り換えておきました。
明日はなんとかCO2添加出来そうな予感がします。


長くなりそうですが、今日勉強した「発酵式CO2」について書きたいと思います。
水槽の水草育成をする為にCO2を添加したいのですが、安価で簡単な方法が「発酵式」なのです。
仕組みはパン作りと似ていまして、イースト菌を増殖させて、糖分を分解してCO2を発生させるという仕組みなのです。
まず、ネットで勉強した時に驚いたのは、発酵させるのに使用した容器のペットボトルです。
今回私は何気なく「スポーツドリンク」の空ペット500mlを使用したわけなんですが
実はそのペットボトル数種類ほどタイプがあるのです。
普通タイプ、耐熱タイプ、耐圧タイプ、耐熱耐圧タイプなんです。皆さんご存知でした?
簡単な見分け方は(次回でも写真撮りますが)底が平らなタイプは耐圧ではなくて、飲み口が白い物は(透明でない)耐熱タイプ。
底が波打ってる物が耐圧タイプなんです。
コンビにでお茶と炭酸飲料比べるとなるほど〜と驚きましたがく〜(落胆した顔)

以前夏場にペットボトルにドライアイスをいれて砂場に放置して爆発させて子供が怪我した事件がありましたよね?
ドライアイスは液化炭酸ガスが固まったものです。溶ければCO2が発生します。
ペットボトル内にどんどんCO2が溜まり内圧が高くなり耐圧を超えて爆発したんですね。

この発酵式も似たようなものですよね?興味が出てきて色々しらべちゃいました。
イースト菌が発酵すると条件は色々あるにしても見つけたデーターでは500mlのペットボトル内は0.67MPaになっていました。
MPa(メガパスカル)は気圧の単位で台風の時よく耳にするhPa(ヘクトパスカル)の1/10000のことです。
ペットボトル自体は耐圧タイプの新品で15気圧くらいまで耐えるそうです。劣化してくると5気圧くらいになるそうなんです。
単位を変えると、およそ1.5MPa、0.5MPaてことでしょうか(あってるかな?)
ということは劣化した耐圧ペットボトルでイースト菌を発酵させると密閉状態だと爆発する可能性があるてことですよねがく〜(落胆した顔)
気をつけないといけませんね。

通常高圧タイプのCO2ボンベでCO2を添加する場合、減圧レギュレーターで0.3MPaくらいまで減圧して使用しているようです。
低圧といわれるイースト菌発酵でも調整すれば色々できるのでは?
と素人発想をしてしまいます。
たとえば夜間CO2を添加しないよう、わざわざはずしたり、切り換えたりするのをペットボトルにプレッシャーコントロールバルブを装着して自動的に減圧したり、電磁バルブを装着したり
あ、そんなことするとコストがあがってしまいますねふらふら

ついつい変な話題で長くなりましたので、イースト菌については次回にします。

どんどん金魚ブログから離れているような・・・気が・・・・もうやだ〜(悲しい顔)

追記

CO2ストーン・・・・・980円
逆支弁・・・・・・・・・312円
ドライイースト、ゼラチンはレシート無くしで不明

現在までの合計¥67,138−



にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚・らんちゅうへにほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ←またもランキング急降下中もうやだ〜(悲しい顔)




posted by 銀色金魚 at 02:51| Comment(6) | TrackBack(0) | 90cm水槽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月24日

チビミナミ軍団移籍

今日は60cm水槽の水換え14Lしました。
最近60cm水槽を水換えする時は、一時マルちゃんとイクラちゃんには退避してもらってます。
水換え時に外部フィルターを止めるのですが、止めて水流がなくなるとチビエビたちがひょっこりオープンスペースにお散歩にきてしまいます。
すると「チャ〜ンスexclamation」とばかりにマルとイクラがお食事にきてしまうのですふらふら

今回の水換えは目的がありました。まずはヒゲ、糸状苔の減少の為とチビエビ軍団を一部90cm水槽に移籍させる為です。
チビオトシンもいる可能性があるので(発見はしてませんが)手前のほうだけプロホースでザクザクして
木酢液を少々ふきかけてやり、水位が減少したところで捕獲作戦実行です。
網で掬おうとすると・・・ヒョイヒョイ逃げ回りますがく〜(落胆した顔)
これは難しい・・・作戦変更です。
逃げるだろう方向に網を置いて、ピンセットで追い込みました。
作戦成功w一匹づつ90cm水槽に入れました。
6匹ほどやや大きめのチビエビを移籍しました。
チビエビ投入.JPGチビエビ2.JPG

早速活動開始してくれています。外敵はいませんので存分に活動してもらいたですね〜わーい(嬉しい顔)

そうそう、謎の稚魚ですが、きっとオトシンの子供だろうと名前をつけました。
「オトキチ」です。
新人エビさんが沢山きたので、今日は出てきました。少し大きくなってます。安心安心わーい(嬉しい顔)

ひとまず、90cm水槽はこのまま水草を育てたいと思います。
いっしょにチビミナミ、チビオトを成長させたいな〜と思います。

90-0223.JPG

少し立派になりましたね〜わーい(嬉しい顔)。あとは有茎系のロタラ類などを差し穂して増殖させたいと思います。
どれだけの種類がいきのこるでしょうか・・・・・
ああ!早くCO2装置が買いたいな〜

「げexclamationまた金魚ネタないじゃんがく〜(落胆した顔)

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚・らんちゅうへにほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ←ランキングが少し上がってきました。
posted by 銀色金魚 at 01:28| Comment(5) | TrackBack(0) | 90cm水槽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月21日

90cm水槽計画進行中

前回流木設置までの90cm水槽。順調に計画進行中です。
現在までまとめて更新ですわーい(嬉しい顔)

前回沈めた流木を取り出しウィローモスをまきつけました。
モス貼り付け中.JPG
細かく切って、新芽か沢山出るようにまきつけました。モサモサになるといいな〜
モス付流木.JPG
水槽内に沈めてみました。1パックに結構沢山はいっていたので最初からいい感じですねメール

0218現状.JPG
全景はこんな感じです。真ん中の石を中心に左右からモッサリさせたいな〜と考えています。
当然金魚メインですので前面は金魚遊泳スペースです。

と、当初より大変お世話になっています「金魚と水草◆SPLA@ASH!◆」管理人のBEEさんより
90cm水槽デビュー記念として水草を沢山送っていただきました。
感謝感謝でございますわーい(嬉しい顔)
BEEさんから.JPG
メモが.JPG
届いた箱をあけると上蓋の裏にメモがもうやだ〜(悲しい顔)
感動しました。BEEさん本当にありがとうございました。
しかし、私のような初心者に・・・・大丈夫だろうか?この先が少し心配でもありますがく〜(落胆した顔)
届いて直ぐ流水で洗浄後「メネデール200倍液」に漬けておきました。

さて次は素敵な水草も届きましたので、せめて光量UPをしなくてはexclamation。ライトPWUP作戦です。
ライト改造前.JPG
100均でキッチン用アルミテープを幅ごとに3種類用意しました。
100均てなんでもありますね〜わーい(嬉しい顔)
改造??それほど大したことはないのです。反射板をピカピカにして反射光も利用して光量UPをしようと、良くある話の改造です。
蛍光灯はずして邪魔なビスも一度抜いて、あとはテープを真直ぐはるだけexclamation
ライト改造後.JPG
完成ですわーい(嬉しい顔)。おお!少しピカピカして期待がもてます。
ついでに蛍光灯も「リプロ フォレスト32W」水草用の蛍光灯に交換です。色温度10000ケルビンと高い数値の蛍光灯ですので水槽内もキレイに見えてくると思います。
リプロフォレスト.JPG

折角キレイな蛍光灯に換えましたので、前面ガラスが直ぐに掃除できるようにマグネット式の清掃道具も買ってきました。
あと頂いた水草を縛り付けるように「ADA リシアストーン」もあわせて購入
リシアストーン&マグネット.JPG
シダ系の植物は流木とか石に活着させたほうが病気になりにくいそうです。頂いたミクロソリウム・ナローリーフを活着させようと思います。
ADAリシアストーンを選んだのは平らで黒っぽく石自体が目だちにくいと思いこれにしました。
釣り糸は少し面倒だったので、園芸用ビニタイで縛っちゃいましたふらふら

0220-90水槽.JPG

まだ数点入れてない水草もありますが
左手前のライトグリーンの水草がエキノドルス・グリセバキー
真ん中石からヒョロヒョロて出ているのがミクロソリウム・ナローリーフ
真ん中やや右よりにエキノドルス・ウェンディーブラウン
右より後方にミリオフィラム・マットグロッセンセ
です。
とっても元気な状態で頂きました。

水草が生長したら整えていきたいな〜と妄想しています。
水草が定着したら・・・・当然金魚いれなくちゃ〜ですよね〜
楽しみは続くが・・・・・資金が・・・つ・・づ・・くのかな?もうやだ〜(悲しい顔)

ウィローモス1パック・・・・・・・500円
アルミテープ3個・・・・・・・・・300円
リプロ フォレスト32w×2・・3200円
スドーMrマグネットS・・・・・・605円
ADAリシアストーン・・・・・・・630円

現在までの合計¥65,846−


にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚・らんちゅうへにほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ←ブログランキング、なんとか復活か?





posted by 銀色金魚 at 02:48| Comment(3) | TrackBack(0) | 90cm水槽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月17日

水草追加、弱アルカリ性対策

昨日はいろいろありまして更新できませんでしたが
今回まとめて更新します。

前回一部水草を植えましたが、全体的にスカスカな感じです。
そこで水草の追加と流木を入れることにしました。
流木はアルカリ性に傾きがちな水槽には良いと思いますし。
まずは水草です。丁度一束290円セールだったので購入してきました。
水草も各種.JPG

中央左と右手前にハイグロフィラロザエネルヴィス、左奥にロタラインディカ、左手前にピグミーチェーンサジタリアです。
サジタリアは調べると結構肥料を必要とするらしいのでイニシャルスティックを数箇所埋め込んでみました。
ちょっとだけにぎやかになりましたわーい(嬉しい顔)

あと弱酸性にしたいのとエアレーション、サブフィルターを検討しました。
ネット情報でもろ過能力とも良いとの情報が多数みつかりましたのでパワーハウスの投げ込みフィルターを導入しようと考えました。
良くみるのは白いガラス瓶のものでしたが、同機能で黒い商品もありました。
やや高価なのですが、あまり目だたせたくないので黒い「システムフィルター1A」と言う商品に決定exclamation
ソフトタイプですと弱酸性に傾くそうですし、エアレーションもできるし、ろ過能力も高いそうです。
ぴったりの商品ですわーい(嬉しい顔)
色々お店を廻ったのですが、通販のチャームさんが一番お値打ちだったので注文しました。
PH1A納品.JPG

届きましたわーい(嬉しい顔)、おや?システムフィルター以外にも何かまざってますねがく〜(落胆した顔)
こっそり余分にリプロフォレスト32w水草用の照明を頼んだのです。
しっかり奥様にばれましたふらふら。次回のおこづかいは半額だそうですパンチバッド(下向き矢印)
横の袋は承認済みのウィローモスとゴイアスドワーフロタラレッドです。
モスが食べられて壊滅状態だったのでもうやだ〜(悲しい顔)
早速設置です。
1A中身.JPG

立派な箱からワクワクして取り出すと・・・・・「でかっexclamation
予想以上の大きさでビックリしました。目だたない黒にしたのにろ材能力は0.25Lより0.5Lがいいな!と容量の多いものにしてしまったのです。
流木もあく抜き完了したので併せて設置してみました。
0216-90水槽.JPG

写真でみると投げ込みはきになりませんが、実際覗き込むと凄い存在感です。色黒にして正解でした。
流木は次回モスをしばりつけようと計画中です。
あとは怒られた照明改造計画です。

話は少し変りますが、昨日まで確認できていた「謎の稚魚」ですが今日は確認できませんふらふら
大丈夫だろうか?少し亜硝酸率上がっていたけど、少しオレンジくらいだったので
なんとか生きていて欲しいが・・・餌も購入してきたのですが
稚魚餌.JPG

数匹しかいないのにブラインシュリンプ沸かすのもなんだし、あまりそうなので
「ブラインシュリンプの黄身だけを乾燥させた天然フード」て記載されていたので食べるかな?と購入してきたのです。
一応少しいれておいたけど・・・・稚魚自体がみつからないもうやだ〜(悲しい顔)
無事を祈ります。

ロタラインディカ・・・・・290円
ハイグロフィラロザエネルヴィス・・・290円
ピグミーチェーンサジタリア・・・290円×2
あく抜き流木・・・・980円
PHシステムフィルター1A0.5ソフト・・・4130円
ニチドウベビーフード・・・598円

現在までの合計¥60,611−

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚・らんちゅうへにほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ←ランキング急降下中もうやだ〜(悲しい顔)


posted by 銀色金魚 at 01:37| Comment(4) | TrackBack(0) | 90cm水槽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月13日

各設備取付編

皆様、暖かいお言葉ありがとうございました。
気持ちを切り換えこれからも頑張っていきます。

前回につづき水槽内のベースが決まりましたので、今回は各設備面の取付です。
ライトは前回乗せましたので、今回はろ過装置、ヒーター、温度計です。
ろ過装置はエーハイム外部式フィルター2215を購入しました。
間違ってる.JPG
納品時、商品違いでろ材の付いていない物が届きましたが、後日サブストラット・エーハイムメックを各1L分もらいました。
まずは配管から取り付けです。
以前60cm水槽で吸水パイプが長すぎて事故をおこしましたので、今回はきっちり最初から切断することにしました手(チョキ)
吸水パイプ切断.JPG
うひゃ〜ふらふらやはり真直ぐは切断できませんねあせあせ(飛び散る汗)。でも安心以前と同じくヤスリで修正しました。
ストレーナースポンジ装着.JPG
ストレーナースポンジは共通で使えるらしく、予備のスポンジを取付ました。少しきつかったですが、なんとか装着exclamation
これでろ過能力UPと稚えびちゃん対策です。
シャワーパイプは60cm水槽で水流が少し強くどうしたものかと調べておいたので今回は・・・・じゃ〜んexclamation×2
シャワーパイプ2本.JPG
90cmも横幅がありますのでシャワーパイプを1本余分に購入して2本つなぎです手(チョキ)
これで少しは水流が穏やかになるはずわーい(嬉しい顔)
先ほど組み立てた吸水パイプを水槽に・・・・・ぎゃ〜〜〜どんっ(衝撃)
あ!とどかない.JPG
水槽上枠が邪魔をしてパイプがガラス面から離れてしまいます。これでは吸着板が取付できませんもうやだ〜(悲しい顔)
そこでエーハイムカタログを見ると、あるではありませんか、対応パーツexclamation
アーム取付.JPG
エーハイムアームという延長ブラケットでなんとか取付です手(チョキ)
次にヒーターと温度計
ヒーター&温度計.JPG
両方ともチャームさんの特売品わーい(嬉しい顔)
ヒーターは100wを2本取り付けて200wにしたかったのですが、予算の関係上200wヒーター特売品にしました。
デジタル温度計も500円で買えたので満足です。
サーモの取付場所を決めて取り付けました。
ヒーター設置.JPG
さてなんとか各種設備は完了。あ、ろ過装置は次回書きます。
第1回目の水槽水投入です。
水投入1回目.JPG
60cm水槽から14L飼育水を頂き、投入しました。
ここまでしかきませんねがく〜(落胆した顔)。バクテリアが死なないように酸素は供給して、生体がいませんからアンモニア水を少々。
この調子で水を毎日投入する予定です。

エーハイム2215ろ材セット・・・14,200円
ジェックスコンパクトスリムホットパック200・・・2,080円
ヒーターカバーS・・・630円
マルチ水温計・・・・・500円
延長シャワーパイプ・・819円
エーハイムアーム・・・525円
クリップ付吸着板・・・525円

現在までの合計¥52,103− 


にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚・らんちゅうへ←沢山の金魚ブログです。
posted by 銀色金魚 at 11:59| Comment(3) | TrackBack(0) | 90cm水槽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月10日

底砂仕上げ編

90cm水槽編です。
前回おきづきだと思うのですが、ここ当たりから失費が加速していきますがく〜(落胆した顔)

先日チャームさんに注文した商品が届きました。
届きました0208.JPG
金額的には設置した毎に計算していこうと思います。
気になる箱の中身はわーい(嬉しい顔)
中身.JPG
「じゃ〜んexclamation×2

実はこの中身で外部フィルターがあるのですが「エーハ2215」です。
間違ってる.JPG
注文したのはメックとサブストラットのろ材セットだったのに間違って届きました。
クレームをメールしたところ不足分のろ材を送ってくれるそうです。
届いたら設置ですね。

とやること盛りだくさんになってきました。
まずは先日の続きの底砂仕上げです。
少しだけテトラ イニシャルステックをパラパラとまき、残りの1袋(8kg)をその上に洗浄して敷き込みました。
今回は中央に石を配置しようと石も購入してきました。
難しいですね〜どれがいいのか、感覚で選んできました。
石組み.JPG
真ん中の大きな石を親石として置いて見ることにします。
石は大きな朱雀石と小さな物、小さな王狼石、サービスでもらった深山石です。
色々組み合わせて・・・このようになりましたわーい(嬉しい顔)
石組01.JPG石組02.JPG

つこみはナシの方向であせあせ(飛び散る汗)、我流というか感覚なので
ネットなので見たイメージだけなんです。書籍などはまったく持っていませんから、おかしな所もあるかもですたらーっ(汗)
まあ、自分で納得していますから良しとします。

次回は設備取付編ですねexclamation

コトブキ ツインライト900リフト・・・・6,500円
置き石セット・・・・・・・・・・・・・・・2,444円

現在までの合計¥32,824− 

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚・らんちゅうへ←金魚ブログランキングに参加してます。


ラベル:石組
posted by 銀色金魚 at 00:33| Comment(7) | TrackBack(0) | 90cm水槽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月09日

底砂

90cm水槽企画 第4話くらいかな?

実は沢山書くことはあるのですが、お時間が遅くなったので今回は少しだけ書くことにあせあせ(飛び散る汗)

水槽設置場所も確定してキャビネット部も準備完了exclamation
いよいよ水槽内です。以前も書きましたが、水草金魚水槽を目指していますので、ベアではなく底砂が必要です。
前回60cm水槽では「大磯砂」を12kg使用しました。酸処理も大変だったので今回は違う物しようと考えました。
真っ黒な底砂だと色が映えるしかっこいいな〜と、こんな商品に決定しました。
ブラックホール.JPG
大阪の会社が販売している「ブラックホール」という商品です。
乾くと若干灰色ですが、濡れていると真っ黒に見えます。
少し荒目なんですが一種類しかないので、これに決定!
8kg入りを3袋24kg用意しました。少し高かったですがもうやだ〜(悲しい顔)
今日は2袋洗浄して水槽内に引き込みました。
明日イニシャルステック(固形肥料)をパラパラまいて上に残りの1袋をかぶせて、底砂完了予定です。

底砂(ブラックホール8kg3袋)・・・1,980円×3=5,940円

現在までの合計¥23,880−  


にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚・らんちゅうへ←他の金魚ブログ沢山あります。
posted by 銀色金魚 at 02:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 90cm水槽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月06日

今後の構想を・・・

今日は休日だったの、今後の構想を考えていました。
あ!その前に昨日お話した「棚板下」の様子を取りました。
マルチタップ.JPG
大袈裟にするほどでもないです。ただ縛り付けただけです。パッとみるとコンセント部が隠れていますし、配線がスッキリするので気にいってます。(60cm水槽で実施済み)

で、今後は悩んだのですが、やはり水草を植えるので上部フィルターはやめることにします。
奥行きも30cmしかない水槽ですし、ライトを真上に配置したいので
となると設備投資は増大しますもうやだ〜(悲しい顔)。奥様に怒られるな〜ふらふら
方向性を決めましたので、早速行動です。
足りないガラス蓋(上部フィルターが乗っていたところ)を探しにいきました。
ガラス蓋.JPG
ありました。上手く考えてありますね〜、私の水槽は「コトブキ WAIDE900」ですが同メーカーから「プログレ」とか900規格の水槽があります。汎用性があるように4枚を組み合わせると、さまざまな水槽にマッチするのですね。
ガラス蓋設置.JPG
新しい蓋を手前に配置しました。

水をいれると場所換えも困難になりますので、水槽位置も慎重に決めました。
仮配置.JPG
こんなレイアウトです。

あとの設備なんですが、ここ数日オークションなどを覗いていましたが最終価格が高くなったりと思ったより困難だと判断して、チャームさんでお値打ち品でまとめることにしました。
というか、注文してしまいましたふらふら。カードですので翌月が恐ろしいですが・・・・・がく〜(落胆した顔)
また商品が届きましたら紹介していきますね〜

ガラス蓋・・・・312円×2=624円

現在までの合計¥17,940−  

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚・らんちゅうへ←ランキングは今何位?ポチッと
ラベル:ガラス蓋
posted by 銀色金魚 at 23:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 90cm水槽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

設置前準備

さて90cm水槽編2回目exclamation×2

今日はメタルラックの補強をすることにしました。
補強?じゃないな〜強度があがるわけではないので
メタルラックは水槽設置向きではないと良く耳にします。棚板部が変形して崩壊すると目にします。
棚板自体の耐圧荷重は250kgありますが、局部的に集中荷重がかかれば棚を構成する1本1本の丸鋼はかなり細いので、変形するのでしょう。
と勝手に解釈して棚板全体に荷重が均一に掛かれば250kgの性能を発揮してくれると思います。
ホームセンターにいってきました。
一番お値打ちな合板を購入exclamation。事前に採寸した寸方にカットしてもらいました。
補強板.JPG
こんな感じです。棚板に対して一部浮いていたりすると意味がなくなりますので、ポール部とかは影響しないように隅をカットしてもらいましたわーい(嬉しい顔)
ペタ〜と納まりいい感じになりました手(チョキ)
あと棚板の下に6個口のマルチタップをインシュロックで固定して電源を確保しました。
下段にポンちゃんのいる薬浴槽がありますので、前回オークションでおまけに頂いた、60cm1灯ライトを上部棚板の裏にワイヤー入りビニタイで固定して照明設備完備の薬浴槽に変身わーい(嬉しい顔)
(写真はとりわすれてますもうやだ〜(悲しい顔)
と、メタルラックまわりを充実させました。

水槽部はバクスクリーンを設置しました。
バックスクリーン.JPG
コトブキの「リバーシブルスクリーン」です。312円だったのでこれにしました。色は黒と青ですがどんな水草もあうように「黒」を使うことにします。
バック施工.JPG
通常90cm水槽は高さ45cmですが、私のは36cmでぴったりサイズがないので一部カット。
定規もそえてカットしましたが・・・・・・・
ちょいと失敗.JPG
ちょっと失敗もうやだ〜(悲しい顔)
隙間が少しあいてしまいました。
「許容範囲だexclamation×2OKOKどんっ(衝撃)あせあせ(飛び散る汗)
と今日はここまでです。
もう少し細かく写真撮りますね〜ついつい忘れてしまうふらふら

合板(カット代含む)・・・・・1020円
バックスクリーン・・・・・・・ 312円
マルチタップ・・・・・・・・・1080円

現在までの合計¥17,316−   


にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚・らんちゅうへ 
posted by 銀色金魚 at 03:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 90cm水槽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月05日

新企画発表!

新企画発表exclamation×2

て、大袈裟にするほどでもないのですが
「どうなる?90cm水槽どんっ(衝撃)
です。

実は先日オークションで中古水槽がでていました。条件が「引き取りにこれるかた」でした。車で20分ほどでいける所でしたので運命的な物を感じ、初挑戦のオークションでしたが挑戦することにexclamation
結構ムキになるほうでして・・・・ギャンブル向きではないのですが
最後は「このやろう、負けるものかexclamation」と無事落札w
90水槽.JPG

こんな水槽が手に入りました。
実は出品者の方、引越しの為すべての設備と魚を手放すらしく、沢山の出品をされていました。120cm、150cmのアクリル水槽なんて物までありましたよ〜。
で、水槽2個も落札してしまったのですあせあせ(飛び散る汗)
90×30×36と90×45×45の2台です。両方に上部式ろ過槽と60cmライト、ガラス蓋をおまけしていただきました。
2台はもてあましますので、1台は母親にあげました。
お値段は全部で「5700円どんっ(衝撃)あせあせ(飛び散る汗)
一台は濾過槽+ポンプの直ぐ使えるセットなので中古とはいえ満足です。

これから90cm水槽がどう変っていくかと水槽立上げ経過を掲載していこうと思います。
安くまとめる!ではなく、こだわり部にはお金を投資し、できるだけお値打ちに買い物をするexclamationにしたいと思います。
最終形態は「フサフサ水草水槽に楽しく泳ぐ金魚」を目指します。

どうなる?かお楽しみください。
まずは初期お部屋にレイアウト編わーい(嬉しい顔)
90水槽02.JPG
ここを見ると「和む」エリアにしました。
キャビネットはホームセンターでパーツを自分でチョイスして
w1200×D450×H670の棚2段のメタルラックに決定exclamation
水槽が少し窓に掛かるくらいの高さにしました。奥行きは水槽置いてもカーテンの開閉が出来る程度の余裕があります。
重量物が載るので足元はキャスターではなく、プレート式にしました。
窓の高さは確認しておいたのですが、カーテンが少し長くて想定外でしたが明けるとジャストサイズなので、OKとします。
ちなみに設置水槽は90×30×36の97L水槽です。

設備投資費
水槽セット(1個分の落札額)・・・・3600円
メタルラック ・・・・・・・・・・11304円

現在までの合計¥14,904−

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚・らんちゅうへ←当ブログも参加してます。
posted by 銀色金魚 at 02:32| Comment(8) | TrackBack(0) | 90cm水槽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。