2009年04月24日

止まらない・・・負の連鎖

前回につづきで暗い(辛い)記事なのでどうしようかと悩みましたが

愚痴というか独り言というか・・・

暗い記事ですし、金魚出てきませんので気分じゃないときは「スルー」してください。


実は予想もしない展開がやってきました。

前回お話したガンとの闘病生活している「サリーちゃん」
症状が加速して悪化しています。
なんとか排泄などは、がんばって自力ですませますが
呼吸も荒くなってきました。
リンパがやられているので、そこらじゅうに転移しているそうです。
毎日点滴にかよっています。

もうお迎えはできません。
でも目では追ってくれます。

今日も出来るだけ撫でてあげましたが、涙が止まりません。

そんな中・・・とんでもないことが


今朝もサリーちゃんを気にして出勤しました。
ちょうどお昼前、私の携帯がなりました。

我家にはサリーちゃんの子供が3匹いました。
1匹は嫁いだ私の妹が引き取り飼っています。
残る二匹は我家でくらしていました。
二匹とも問題のある子でした。名前はドンちゃん♂とリキちゃん♂です。
ドンちゃんは数年前う○ちがでなくなり診察にいくと
ガンが発見され場所がよくなかったので遠方の病院で手術したのです。
一命を取りとめ元気にしていました。
リキちゃんは生まれた時からアレルギーがひどく、痒みと皮膚のただれと戦っていました。
両目とも白内障で殆んど見えていない状態でした。

携帯の内容は「リキくんが動かない・・・」

え?

予想していませんでした。何故今のタイミングで・・・
思い起こせば、2週間程前嫌な嘔吐(なにもでない)をくりかえしていました。
お水のませたりしていて落ち着いたので安心していました。
2日前餌を食べてなかったので
「どうした?」と手であげたら一粒づつ食べましたが
餌ばこごと口元に運ぶと食べませんでした。
食欲ないと次の日食べたりするので、それだとばかり思っていました。

次の日キレになくなっていたので安心していたのですが
今思えば・・・食べたのはリキではなくドンだったかもしれません。

朝、いつものようにリキとドンは寄り添い寝ていました。
二匹とも寝ていると思っていました。
近くによった時リキだけ動かないので確認したら
動かなかったそうです。

サリーちゃんに気を取られて、気がついてあげれませんでした。
毎日撫でてはいたのに・・・・
寝ているかのように、静かに、穏やかに旅立ってくれたと思いたいです。

ごめんね、リキくん。幸せだったかい?サリーばかりで寂しかっただろうな・・・・本当にごめんね。

いつも一緒にいたのにドンちゃんも寂しいだろうな・・・

別記事も用意していましたが・・・こんな記事ですいません。
なんだか寂しくて、悲しくて・・・書いちゃいました。
posted by 銀色金魚 at 02:46| Comment(4) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月17日

もうひとつの悲しい話

前回「色々ありました〜」との記事を書きましたが
実はもう一つ「忙しかった」理由があったのです。

あ、金魚ネタではありません。写真もなしですふらふら

実は一度だけ当ブログに登場したことがる
我家の愛犬「サリー」ちゃんの調子がわるかったのです。
大きな動物病院につれていき、先日検査をしてきました。
本日正式な病名が判明しました。

「リンパ腫」で悪性だそうです。
撫でていて明らかに「ガン化」していましたので覚悟はしていました。

サリーちゃんの犬種はシーズー♀で、15歳になるおばあちゃんです。
摘出手術をしようにも麻酔で目が覚めない危険性があり、手術はしないことにしました。

抗がん剤も副作用が激しいので、かえって苦しめる結果になるかもとのこと

ステロイド剤と点滴のみの治療を選択することにしました。


「なにもしないとあと1ヶ月ほどです。」
「ステロイド剤を使用して3ヶ月ほどです。」


なんとも、締め付けられるような検査結果でした。

生き物といっしょに生活するわけなので、さけては通れない所ですし
最初の異常から高齢ですので覚悟はしていたつもりでしたが
あと3ヶ月とカウントダウンされると・・・・・

凄い賢くて、人間の言葉をよく理解してくれました。
ご飯が欲しいと「ゴ〜ハ〜ン〜」と聞こえるように吼えました。
毎日、母親のベットで一緒に寝ていました。
母親の入院と共に悪化しました。

あと残された日数に限りがあります。
何がして欲しいかな・・・・
何がしてあげれるかな・・・

今はただ肥大化してくるガンを撫でて、「小さくなれ〜小さくなれ〜」と祈っています。
撫でると喜んで舐めてくれます。

もうヨロヨロ歩くのに私が帰宅すると玄関まで迎えに来てくれます。

出来るだけ一緒にいて、出来るだけ撫でてあげたいと思います。
お散歩はもう辛いので「いや」なようです。
一日の大半を寝ています。

1日でも長くいっしょにいて欲しいです。
残りわずかかもしれませんが、彼女に幸せに楽しく過ごしてもらいたいです。

辛いですね。





タグ:シーズー
posted by 銀色金魚 at 03:15| Comment(4) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月09日

60スクエアー水槽過密対策

珍しく連続更新ですわーい(嬉しい顔)
どうも設備投資をすると更新意欲がわくようです。
(薄竭閧ィこると・・・かもふらふら

さて前回の記事からの続編です。
過密対策・・・水槽を増やすか水槽を大きくして水量を増やす。
もしくは飼育数を減らす。が基本ですよね。
しかしながら、どれも出来そうにありません。

どうしよう・・・・ひらめき

「ろ過能力をUPすれば良いのでは?ぴかぴか(新しい)

と考えました。(正解かどうかは別問題として)


早速オークションに参加して数日
不足品やら消耗品などをチャームさんで注文

20090408届きました.JPG

本日届きましたわーい(嬉しい顔)

オークション落札品は数日前から届いていました。
エーハイム外部ろ過2215を2台落札していたのでした。

2009040中身02.JPG

これが今回の設備投資品るんるん

こちらはオークション.JPG

こちらがオークション落札品
ろ材はオマケで中古エーハイムサブストラットプロのラージです。

早速取り付けです。

60角2215追加.JPG

じゃ〜ん、3連です。メーカー推奨ではないので問題ありなのですが
メイン可動させる2215にかなりの負担がかかると思います。
しかも今回入手した2215はインペラーが2217(1つ大きなタイプ)の物に取替えてあるとのこと。
流量はUPするのですが、こちらもモーターに負荷がかかります。

取り合えず、最初の500部分にはエーハイムメックメインでサブストラージをあまったスペースに設置。
2番目の2213にはサブストプロラージを設置
3番目駆動部2215にはサブストプロレギュラーとモノボールが入れてあります。

1番目のメックで有機物をコシ取り&通水しやすくして、道中はラージでレギュラーより通水良く、最後はレギュラーでといった感じです。

現在稼動中ですが、やはり抵抗が大きいようでエアーを挟んでしまいますふらふら
明日2215のノーマルインペラーに戻す予定です。

少し無謀な取付ですが、ろ過容量が増えるのと同時に
外部ろ過機に入る水量が4Lほどかせげるからです。
あまりに無理なようなら切り離して個別に可動させようと思います。




そしてヤトミーズのいる90cm水槽も過密必至なので、先に対策です。
メイン2215にサブとして2215を取り付けました。

90にも追加.JPG

こちらもサブ部分にメック+サブストプロラージで
メイン2215をサブストプロレギュラーで満タンにしました。

こちらは2台なのでメーカー推奨モデルです。
問題なく稼動しております。


これで水質が安定してくれると嬉しいのですが

毎日水換えのおかげでチビ太・白とも回復してきましたわーい(嬉しい顔)
でも、まだまだ安心できませんが

また結果報告します。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚・らんちゅうへ←珍しく連続更新w






タグ:2215
posted by 銀色金魚 at 01:40| Comment(8) | TrackBack(0) | 飼育器具関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月08日

危機せまる水槽!

大変ご無沙汰しておりますふらふら

ドタバタしていたら、もう4月、少し落ち着いたと思ったら風邪ひきましたもうやだ〜(悲しい顔)

最近車から外見ると「桜」が綺麗ですね〜。時間ができたら散歩したいですね〜わーい(嬉しい顔)

さて、タイトルに書きましたが危険な水槽がでてきましたがく〜(落胆した顔)
忙しいながらも、水換えなどこなしていたと思っていたのですが
危険がせまっていたようです。
予想はしていたのですが

60角0407-01.JPG

チビ太達が引越した60cm水槽です。
8匹いるのですが、皆スクスク大きくなっていました。
そうなんです、過密で水の汚れが進んでいたのでした。
有機物(う○ち)の浮遊がきになり、水換えは気持ち多めにおこなっていました。
そうこうしていると、あきらかに水質悪化をしらせる肌あれが・・・もうやだ〜(悲しい顔)
直ぐに水換えして対応するも

治療槽0407-06.JPG

二匹を治療槽に送る結果にもうやだ〜(悲しい顔)

小さい方は尾グサレ症状で、朝力なく浮いていました。
直ぐ隔離して0.5%塩水浴
帰宅後、粘膜異常は回復して尾グサレのみ残す状況になっていました。
もう1匹の更紗は外見は右胸鰭の欠損(これも尾グサレ原因?)だけでしたが、「ジー」と動かない時間が長く明らかに自己回復に集中しているのがわかりましたし、他の子がいじめるので隔離しました。
チビのほうにカラムの集落が確認できましたので
塩水+グリーンFゴールドリキッドで治療をすることにしました。

そして現在の60スクエアー水槽は毎日14L水換えを実施しています。
まだ2匹危険信号をおくる2匹がいるのです。

チビ太0407-02.JPGチビ太0407-04.JPG

チビ太はエラ蓋と胸鰭下に肌荒れを起こして赤くなったのですが、そちらは水換えで回復
後は頭に出来た水カビみたいなやつが消えればOKです。
隔離するタイミングを見ていますが、水換えでいけそうです。

白0407-05.JPG

白も鰓蓋に肌荒れを起こしています。一度は完治したのですが再発してます。
こちらも水換えで対応、隔離のタイミングを観察してます。


原因は・・・過密ですね。
ろ過自体は外部式エーハ2213+サブ500でろ材6L
気休めにあまった外掛けを2台つけていました。
少し前にストックしてある古いマツモをどっさりあげたのですが
それも水質悪化を促進したように思います。
マツモ、アナカリスのストックは全部破棄することにしました。

対策を現在準備中です。
とりあえず、こんな物を気休めに購入

ウエストコントロール-01.JPGウエストコントロール-02.JPG

沈殿物(う○ち)の分解と濾過槽内の有機物分解が進めば嬉しいのですが

第2弾は明日注文の品が届く予定です。
後日報告しますね〜

水質悪化・・・恐るべしふらふら
なんとか水質キープしたいな〜



にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚・らんちゅうへ←更新遅いですが><
posted by 銀色金魚 at 01:10| Comment(3) | TrackBack(0) | 金魚日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。